すべてが杞憂であれ。

個人的な考察ブログです。Leadのこと。好きなものの事。とにかく考えすぎているのです。

最近ちょっと不安になる理由

あまり楽しい内容じゃないのはタイトルから察していただけますよう。何卒何卒。

ファンとアイドルの距離感が近すぎる事に不安を覚え始めたのはいつからのことでしょう。

昔は芸能人なんて漫画の中の人物と変わらないぐらいの存在だったはずなのに、今や握手会をはじめとする接触イベントが当たり前になり、お金を積めば画面の中の人があたかも現実の存在になるような錯覚を覚えさせられる。

そんなことが当たり前になってしまっている事に非常に危機感を覚えます。

もちろん、ファン側である私たちも節度をもって接しないと生活が疎かになってしまったり…周りに迷惑をかけたりという危機感はあるのですが…。

私の危機感は、画面の中の人たちも人間だということなのです。

ファンの顔を覚えるのも、お仕事のうちのひとつ。みたいになっているのだと思うのですが、私はそれがアイドルのプラスになるとは思えないのです。

アイドルやアーティストの本来のお仕事は表現することでその対価を貰う。自分たちの表現に共感してくれる人をなるべく短期間でたくさん集めなければならないお仕事であり、お客さまひとりひとりのご希望を伺って地道に顧客満足度を上げる接客業ではないということ。

なので、接客業の観点からアイドルをしてしまうと、ファンを爆発的に増やすのは難しいのではないかと感じます。

私の思う接客業は、お客さまの顔と名前を覚えて、お話を伺って、希望に合ったものを購入して頂く。お客さまと商品を結ぶ立場だと考えてます。

それが積み重なっていくと常連さんと言われる固定客が徐々に増えていきます。

そして、いつも来られるお客さまが見えないと、ご病気かしらと心配になったり、お買い物の金額が期待よりも少ないとがっかりしてしまったりするのです。

顔を覚えると、これだけ1人のお客さんに心を動かされてしまう。

さらに、お客さんに対して甘えも出てきてしまう。
この時期はあの人が買ってくれるから大丈夫だろう。あのお客さんなら事情を話せば許してくれるだろう。

これが私の感じる危機感です。


アイドルがファンの顔を覚える事で、たったひとりのファンにひどく心を動かされることだって出てきてしまうと思うのです。

これってすごく大変なことだと思います。

ファンの顔を覚えずにいれば、多少の批判や悪口なんて気にならなかったかもしれません。
でも、顔と名前を知ってるあの子が自分のことを受け入れてくれなくなったら。話がだいぶ変わってきます…。

知らない人に言われるのと知ってる人に言われるのでは言葉の重みが違う。

それでも、ファンなんてのは好き勝手なことを言うし、知らない間に離れていくのです。

古参の子が見えなくなったと思って心を取られてるうちに、今度は新規のファンが私のことを覚えて!とやってくる…。

もちろん、嬉しい事もたくさんあると思います。
あの子は今回もたくさん来てくれた。
新曲の感想が直に聞けてよかった。
みんなの笑顔が見られて良かった。

いい感情でも悪い感情でも、それだけファンに心を動かされる事がいい事とは思えないんです。

本来は、ファンの顔なんて全員見えないような会場を埋めたいわけだから、自分たちの顔を覚えてもらう必要はあっても、お客の顔なんか覚える必要はないと、私は思います。

いちいちファンの言動に心を動かされていては、心が保たないのでは…と不安になります。

接触イベントを否定しているわけではないのでご容赦ください。
それも生きる道だということは承知しております。

ただ、ただ心配なのです。
あまり心を動かされては、道を見失うのではと不安になるのです。
迷わずに先頭を切って歩いてくれれば、ファンはついて行くのだから…と。

世の中、知らない方がいいことってたくさんあるよね。


…このブログのタイトル通り。
すべてが私の杞憂であれと願うばかりです。

楽しくない話に長々とお付き合いいただきありがとうございました。


それでは、ごきげんよう。