読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが杞憂であれ。

個人的な考察ブログです。Leadのこと。好きなものの事。とにかく考えすぎているのです。

田谷菜々子という可能性

何をどこから書けばいいのでしょう。
とにかく私は今、原駅ステージAの田谷菜々子にお熱です。

今まで、女子アイドルにここまでの感情を抱いた事は無かった。
しかし結論から言うと、彼女はアイドルという枠に収まるような人物ではなかった。

つまり、所謂アイドルを好きな人はあまり彼女を好きにならないだろう。という事を書きたい。

ここで言うアイドルを好きな人とは、接触厨や認知厨と言われる方々の事を指したいと思います。

ですが、私が彼女にハマってからまだひと月程度。
そんな浅はかな田谷ちゃん考察です。



私は最近、アイドルとはなにかってことについて、結構考えてきたような気がします。

そこで出た答えが、観客を笑顔にするのがアイドルだということ。
これ、ラブライブのにこにーも言ってたから間違いないと思うの。
「みんなに笑顔を見せるのがアイドルじゃないわ!みんなを笑顔にするのがアイドルよ!」だっけ?にこにーの台詞ですよ。本当にその通りだと思います。

しかし!田谷ちゃんは多分そんなこと興味ないと思うんです。

彼女は仕事に対して非常にストイックであり、目指すところはモデル!それだけに留まらず多方面での活躍をして有名になる!という意思が揺るぎないのです。

その辺は、彼女のTwitterやブログを見ている人はなんとなく分かると思うのですが、彼女は特に失敗したワケでもないのに、反省点をよく見つめています。
しかも、デビューが決まって、ここから1年が勝負だというような事も呟いています。

自分の行きたい場所とそこまでに辿り着きたい期間が見えていなければ、こんな言葉でてこないだろうなと思えることが幾つもあるのです。

しかも、一部の常連客に塩対応と言われていることも知った上で、いまの自分を崩していない。
でも、自分の事を好きだと言ってくれる人にはきちんと感謝しています。

つまり、自分の目標に向かって一直線!立ち止まってる暇はないからついて来れる人だけ付いてきてっ!的な姿勢だと思うんです。

今日、CDを売らなくてはならないアイドルやアーティストは、握手会をしてファンを接客して、ファンを満たすことが当たり前となっています。

当然、4月にデビューする原駅ステージAも握手会をしてファンとの交流の場を設けているわけですが、田谷ちゃんはこの握手会がはじめてのファンとの交流ではありません。

原駅ステージAに所属する前に別のアイドルグループのセンターを務めていて、彼女の名前を動画サイトで検索すると当時の動画がいくつか出てきます。

そういった動画を見ると、彼女はちゃんと接客をしています。
やろうと思えば出来るのです。でも、やらないんです。

グループ内のみんなが当たり前にやっている事(常連へのファンサービス)を、やらないという彼女の意志の強さみたいなものに私は惹かれているのです。

勝手な憶測に過ぎませんが、以前のグループの経験がある分、彼女の中で思うところがあるのではないかと思っています。

そもそも私が田谷ちゃんに落ちたのは、原宿駅前ステージの生配信でのファッションショーの時の表情です。

客席に愛想を振りまくでもなく、それはもうかっこいい表情で中央までランウェイを歩いて来たにもかかわらず、ネタを振られた後の年相応の笑顔!
あのギャップに完全にやられました。

その状態で、原駅ステージAの単独公演へ行き、初参加でこれでもかというぐらいのファンサービスを貰い、すっかりお熱になってしまったのです。

少し彼女を知ってみれば、その表情のギャップこそがまさにモデルを目指す15歳!自分の目標を体現している、等身大の彼女だということがわかってきた気がします。

ダンス面で言えば、グループ内では上手い方ではないし、他のメンバーと比べればいままで本格的にやってきたわけでも無く、振りを覚えて間違えないように踊るのでまだ精一杯なんだろうなとは思います。
しかし、彼女のダンスの“力強さ”から目が離せず、この力強さに“魅せる”技術が付いたらどうなるんだろうと、楽しみで仕方がないのです。


さて、そろそろこの記事を締めたいので、最初に話したところに戻ります。

所謂アイドルを好きな人は彼女を好きにならないだろう、という事です。
その理由は…
*そもそもアイドルを目指していない
*常連に特別なファンサービスをしない
*新規のファンほど大事にする

そんな彼女の姿勢から、アイドル好き的には彼女を推してもおいしくないと思われる為です。


田谷ちゃんは、自分の目標を達成する為に自己と向き合っており、ファンが増える事を素直に喜ぶ。そして、新たなファンへのアピールを忘れない。でも、自分のファンへの感謝も忘れない。

そんな彼女の強さに惹かれてならないのです。


まとまったんだかまとまってないんだか自分でもよくわからなくなってしまったので、あとで直すかも、直さないかも。

とにかく私は田谷菜々子という可能性にお熱。


それでは、ごきげんよう。